若い女性の間で支持されているブランドの中に、シャネルがあります。

憧れブランドの歴史を語る

シャネルとは何か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いろいろなブランドが日本国内でも購入できるようになりました。
その中でも女性の間で支持されているブランドの中の一つに、シャネルがあります。
シャネルとは、ココ・シャネルという人が1914年にフランスで興したブランドのことを指します。
最初の内は帽子を中心として取り扱っていましたが、徐々に取り扱うファッションアイテムのバリエーションを増やし、一大ブランドに成長しました。
シャネルの特徴は、いろいろな要素を持っている所にあります。
シンプルでシックなテイストでありながら、どこかにエレガントな気品を漂わせているようなアイテムを提供しています。
デザイン性にこだわる一方で、着心地にもこだわりを見せています。
女性が働きやすい服はどのようなものなのかにこだわって、アイテムの提供をしているのが大きな特徴と言えます。
最近では女性がパンツスタイルで外出するのは当たり前の光景になっています。
このようなパンツルックを世界に発信したルーツは、シャネルにあると言われています。
シャネルのデザインには、統一した特徴があります。
白と黒を基調にしたデザインが中心で、大人の女性を演出できます。
またCCのロゴは、多くの人が一度は目にしたことがあるはずです。
シャネルのスタイルですが、1920年代にはすでに完成していたと言われています。
当時黒とベージュをベースにしたシックでシンプルなデザインドレスをすでに発表しています。
デザイン性はもちろんですが、それ以上に実用性や機能性という所にこだわった商品を販売していました。
また当時のドレスを見てみると、ボタンやポケットが付いているものもあるにはありました。
しかし機能的ではなく、お飾りとして付いているものという認識がありました。
ところがシャネルは、このボタンやポケットをより実用的なデザインにしました。
現在ではどの服のボタンもポケットも、本来の機能が与えられているアイテムが多いはずです。
このムーブメントの先頭に立ったのが、シャネルだったわけです。
当時ちょうど第壱世界大戦が終了した直後で、新しいこれからの時代の女性像を確立するためのデザインが随所にちりばめられていたと言われています。
そしてこの1920年代のデザインのテイストはいまだに引き継がれているわけです。
シャネルの当時開発したデザインは、いろいろな所に影響をもたらしたと言われています。
芸術家の間でも、シャネルのデザインに影響を受けたという人は少なくありません。